葬儀関連

【読むと変わる】葬儀屋のイメージって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.葬儀屋のイメージについてのお話

2018年11月頃のお話、、、

祭りの打ち上げにて会計士さんとお話しする機会がありました。

30代・40代の男性から見た葬儀屋のイメージと実際に働いている葬儀屋の経験との乖離があったので載せてみました。

お酒を飲みながらの話なんですが、
その方のイメージでは葬儀屋は通夜・葬儀が終わったらその後お客様とのつながりがないと思っていたみたいでちょっと反論させて頂きました!

2.意外!〇〇や〇〇の注文や依頼も!?

自分の経験上、滞りなく終わらせることが前提の話ですが、通夜・葬儀終了後に通常ではご自宅に後飾り祭壇を設置し、その時にアフターの説明を行います。

一例ですが香典返しや仏壇・仏具の案内・忌明法要の案内・役所手続きの案内等々・・・です。

この時点で、ある程度人間関係が出来上がっているので多少冗談を交えながら話をすることが出来ます。

その後は、年忌法要のお手伝いやお花の注文や、たまにお中元・お歳暮の依頼もありました。
それこそ、休みの日にスーパーで顔を合わせてあいさつするなど日々かかわって来ることが多くなります。

その後リピーターになっていただき、さらに親交が深まっていくという風になります。

もちろん葬儀が終わったあとに顔を合わすことがない方もみえます。

3.最後に

上記の事をお話したらその会計士さんもイメージが大分変ったみたいで話をしてよかったです。

なかなかわからないことが多い業界なので今後、喪主になる可能性のある方はわからないことは気軽に聞いていただき、不安を少しでも解消してもらいたいです。

いかがでしたでしょうか。みなさんが思っている葬儀屋さんのイメージが少しでも変わってくれれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA